ぶらり途中下車あんま無しの旅 〜箱根 芦ノ湖方面ツーリング〜

f:id:ange_ccl:20161110141432j:image

ツーリングに行くぜ。

えっとですね。静岡の方に越してから(越しました)少し落ち着いたので、いきなり思い立ちまして、箱根にツーリングに行くことにしました。

他に色々やらねばならんことはあるっちゃあるのですが……

休みは1日だったので、あまり無茶は出来ませんでしたが、、、 

 

ツーリング記事は初めてなので、僕の愛棒相棒を紹介します。

f:id:ange_ccl:20161110143030j:image

?(*・ω・)

 

f:id:ange_ccl:20161110143344j:image

エリミネーター250V。My she. もちろん一目惚れでした。

さぁ、箱根へのゴキゲンな旅の始まりです。因みに具体的な目的地は無ぇ!

f:id:ange_ccl:20161110144411j:image

さてさて。出発時の天気は、若干晴れ空が顔を出す程度。

1号を通って行くのですが、途中の温度看板には6℃の表示が。くっっそ寒いです。

三島市を抜けてから、街を見下ろすくらいの標高になってるのですが、水平線が見えるし街も一望できるしで、既にボルテージがグングンぐるとに。あゝ素晴らしきかな。。。

その後、芦ノ湖スカイラインの方に間違えて行ってしまったり、とりあえずなんか道がよく分からなかったりしたけど、箱根付近に着きます。

腹減ったからどこか寄ろうか寄るまいか、脳内問答をしてる間に、

f:id:ange_ccl:20161110145343p:image

確認してみたら、箱根を抜け切ってました三└(┐卍^o^)卍

飯も食ってねぇ。いや、いつもの事か。

というわけでここで引き返し、途中のセブンでツナマヨおにぎりと、あったか〜いポッカレモンを購入して一息付く。とりあえず、近くにあるらしいガラスの森美術館に行くことにしました。

f:id:ange_ccl:20161110145708j:image

これ。

さて、ヴェネツィアガラスがなんちゃらというパネルに興味をそそられ、入ってみようとしたところ、

「入場料1500円」

僕はそっとその場を後にした──

そしてこの頃、体が相当冷えきってたので、めっちゃ温泉に行きたくなる。

箱根湯本の方はちょっとかかりそうなので、大涌谷が近そうということで、大涌谷に行ってみることに。温泉って謳ってるけど、そういえばお湯につかれるとこあるのか……?聞いたことないけれど…… と思いつつもとりあえず行ってみました。

その途中の仙石原のススキが、クッッッッッッソ美しかった。筆舌に尽くし難いほどに。寄ってはいないけれど、ほんとに綺麗だった。

そして大涌谷に到着。二輪の駐車料金は110円。安い。因みに駐車待ちめっちゃ多かった。

到着後、なんとなくお湯につかれる温泉が無いことを察したのであった。

因みに、ロープウェイとか源泉?っぽいとこから煙が噴き出したりしてる以外はあんま何も無かった。これは行って満足するところだなー。

f:id:ange_ccl:20161110150752j:image

f:id:ange_ccl:20161110150800j:image

f:id:ange_ccl:20161110150820j:image

f:id:ange_ccl:20161110150836j:image

f:id:ange_ccl:20161110150903j:image

特に何をするでもなく帰路につきました。

帰りに箱根の道の駅に寄って帰りましたとさ。因みに綾波くんのイラスト入りの自販機があったよ。

f:id:ange_ccl:20161110151048j:image

f:id:ange_ccl:20161110151050j:image

その後の帰りの話なのですが、すごい気になるコピーを目にしました。

「生か死か。決めるのは君のスピード」

「味の終着点」

カッコよすぎるやろ……

因みに、上はバイパスで見たやつ、下はラーメン屋さんでした。

あと、上から見下ろした景色がホントに最高でした。なんか空飛べそうな気がした。

 

というわけで!

走行距離:100㌔くらい

所要時間:9時~14時くらい

所要経費:400円くらい(おにぎりとポッカレモンと駐車料金)とガソリン代

お疲れ様でしたଘ(੭ˊ꒳ˋ)੭✧