読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波乱万丈Dead or Alive・イギリス紀行 ── 【1日目】過去にして未来の王が眠る── グラストンベリーへ

f:id:ange_ccl:20161212151607p:plain

ange-ccl.hatenadiary.com

正確には1日目というか2日目になるのですが、そこはご愛嬌。一応、イギリスへついてから入国審査、パディントンへ移動しております。空港にてバッグの受取場所が分からず彷徨ったり、ヒースローからどの列車に乗ればパディントンへ行けるのか分からず彷徨ったり、乗ったはいいもののアールズコート駅で乗り換えで迷子になったりしてます。やだ恥ずかしい(。>﹏<。) そして翌日グラストンベリーへ向かいます。

パディントンからブリストルテンプルミーズへ行き、そこからバスでグラストンベリーへ。時間的には3時間くらいだったかな。因みに道中、気が気ではありません。

f:id:ange_ccl:20161212153017j:plain

ブリストルテンプルミーズにて。めっちゃ雨が降ってきてて、ズブに濡れてしまいました。

f:id:ange_ccl:20161212153045j:plain

グラストンベリーに大分近づいてます。晴れ間が見えてきて、気分は最高にハイってやつだアアアアハアアアアアン 私が着くまで晴れててよねっ……!

f:id:ange_ccl:20161212153433j:plain

ふとバス停の名前を見ると、「Avalon Estate」の文字が。とうとうここまで来さらしたわ……。

そして。そしてここが──

f:id:ange_ccl:20161212153706j:plain

グラストンベリー修道院。アーサー王の墓であると云われてる場所です。とうとう来た── もうなんか心臓がやばかった。

f:id:ange_ccl:20161212153940j:plain

しばらく立ち尽くしてた。

f:id:ange_ccl:20161212154154j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154207j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154223j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154303j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154241j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154227j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154156j:plain

f:id:ange_ccl:20161212154306j:plain

元はこんな感じだったらしい。

暫くしてから、次はグラストンベリー・トアへ。こちらは、「ここがアヴァロンではないか」という説があるそうです。それを差し置いても、グラストンベリーに来たらマストで行くべき場所でしょう。

f:id:ange_ccl:20161212155151j:plain

f:id:ange_ccl:20161212155159j:plain

ハァハァ言いながらハァハァしてた。何を言ってるか分からねーと思うが── とりあえずなんかやばい。語彙力貧弱か。

f:id:ange_ccl:20161212155351j:plain

f:id:ange_ccl:20161212155605j:plain

ここがアヴァロンかぁ……。風がヤバいけど。ほんとシャレにならないくらい吹いてました。

f:id:ange_ccl:20161212155821j:plain

 

f:id:ange_ccl:20161212155828j:plain

f:id:ange_ccl:20161212163452j:plain

f:id:ange_ccl:20161212163510j:plain

f:id:ange_ccl:20161212163559j:plain

f:id:ange_ccl:20161212163710j:plain

因みにこれ、ずっと居たわけではなく、B&Bにチェックインしてからもう一回登ってます。やってみたかったんだぁ、昼アヴァロン夜アヴァロン!そして、夜アヴァロン(夕アヴァロン)の時、丘の一番上でアーサリアンのおばさまと出会いました。多分小一時間くらい話し込んでた。下2枚だけやけに暗いのはそのため。なんか色々活動をされてるそうで、名刺まで貰ってしまいました。言語の壁を超えた瞬間であった。

2日目に続く!