溺れる夜がまた始まるけど、

もう既に溺れてたという話。

まさか自分がこんなことをする日が来ようとは…